インディライツチャンピオンと共に2018シーズンのフル参戦を狙うフンコスレーシング

2017年09月23日



フンコスレーシングのオーナー、リカルド・フンコスは2018年からのインディカー参戦を切望しています。

今シーズン、フンコスレーシングは大きな成果を残す年となり、インディカーへのステップアップカテゴリーの2クラス、プロマツダシリーズとインディライツシリーズでドライバーズタイトルを獲得し。そして第101回インディ500でのデビューも果たしました。

そのインディ500ではセバスチャン・サベードラとスペンサー・ピゴットが出走し、それぞれ15位、18位でフィニッシュしています。

そしてフンコスは今シーズンのステップアップガテゴリーでの成果を受けて、自らがインディカーシリーズにステップアップしようとしています。

「インディカーシリーズへは2カー体制でのフル参戦を目指していますが、まだまだ準備段階です。現時点ではスポンサー獲得に向けて全力を注ぎ、その結果によって参戦台数を最終的に判断したい。」とコメント。

リカルド・フンコスのレースに対する熱意がこれまでの成果を残してきたことは間違いありません。

2018シーズンはインディカー以外では3つのステップアップカテゴリーの中間クラスで、新型シャシーのタトゥース製PM-18 が導入されるプロマツダシリーズに3台体制で参戦し、そのプロマツダシリーズでタイトルと80万ドルのマツダスカラーシップを獲得したビクター・フランゾーニとニコラ・デペロの2台体制でインディライツに参戦します。

かつてフンコスレーシングで2014年にプロマツダでタイトルを獲得し、2015年にはインディライツのタイトルを取ったスペンサー・ピゴットは2018シーズンにはエドカーペンターレーシングでフル参戦し、2010年にプロマツダシリーズでタイトルを獲得したコナー・デイリーは今シーズンはAJフォイトレーシングからフル参戦する活躍を見せています。

2017年インディライツでフンコスレーシングから参戦してチャンピオンとなり、100万ドルのマツダスカラーシップを獲得したカイル・カイザーは、フンコスが2018年にインディカーシリーズフル参戦を果たした場合のドライバー候補の一人。

カリフォルニア出身の21歳の才能ある若手に多くのチームが興味を向ける中で、フンコスはこれまで4年間共に戦ってきたカイザーと共にインディカーへ挑戦することを望んでいます。

NBCSNでの視聴者数が昨年比3%増加

2017年09月22日



NBCSNのインディカー中継のデジタル配信なども含めた平均総視聴者数(TAD)は2016年と比較して3%増加し、ニールセン・カンパニーとアドビ・アナリティクス社の調査によるとNBCSCが中継した12レースのTADは507,000人であったと発表されました。

2016年のNBCSN,NBCSports.comとNBC Sports appでのTADは492,000人で、2015年へ2017年よりも1%多い510,000人でした。

今シーズンは7レースでTADが500,000人を超え、これは2009年のNBCでの中継開始以来最も多い数となります。その中でも最高数を記録したのは8月20日のポコノ戦で624,000人でした。

他にTADが500,000人を超えたのは、ワトキンスグレン(612,000)、ミッドオハイオ(581,000)、ロードアメリカ(575,000)、テキサス(567,000)、アイオワ(540,000)、ソノマ(536,000)の6レース。

2017年のNBCSNテレビ中継のみの平均視聴者は502,000人で、2016年の488,000人と比較して3%の増加。視聴率は0.32%でした。インディアナポリスエリアでの視聴率は米国内では最高の2.1%でした。

モータースポーツの世界でもeスポーツが

2017年09月22日


http://www.iracing.com/iracer-to-qualify-for-2017-mazda-road-to-24-shootout/

今シーズンからインディカーの公認レースとなったGlobal MX-5CUPにeスポーツの世界から足を踏み入れることができます。

市販PCレースシミュレーターのiRacingで6月から9月まで開催されているGlobal MX-5 CUPレースでの上位20名の中から書類選考で一人を選び出し、10万ドルのマツダスカラーシップが与えられる「Mazda Road to 24 Shootout」へ招待されます。

「Mazda Road to 24 Shootout」を制して10万ドルのスカラーシップを獲得すると翌年のGlobal MX-5 CUP参戦が可能になります。

この試みは今年で4年目を迎え、2015年大会ではiRacingから選考されたグレン・マギーが「Mazda Road to 24 Shootout」を制して奨学金を獲得し、2016シーズンのGlobal MX-5 CUPにフル参戦しています。

iRacingにアカウントを持ち、アメリカ合衆国在住もしくは渡航可能な方であればどなたでも参戦可能ということです。

日本は情報のガラパゴスなのか?

2017年09月21日

インディカーがインディ500の後に各国別のインディカーに関するツイート数を集計していましたが、残念ながら日本は圏外でした・・・・。

理由は#IndyCarでのツイート数を調べていたからです。

このことからも#Indycarでは多くの国の人たちが情報をシェアしていることがわかりますが、日本はその枠の外と言うことになります。

この情報のガラパゴス化が色々弊害をもたらしたように見えます。

ちなみに英語の意味としては
Indy=Indianapolisで
Indy≠IndyCarです。

「インディに参戦」と言えば「インディ500に参戦」と言う意味で
「インディカー(シリーズ)に参戦」と言う意味にはなりません。

皆さん踊らされすぎです、と言うか自ら踊りだしているようにしか見えませんよ

2017年09月21日

シボレーがユーザーチームを増やしたがっているという話は先に書いた通り。
http://blog.gaora.co.jp/indy/2017/08/23058

そこから、なんでみんなが踊りだしたり、妄想ふくらましているのかよくわかりません。

シボレーからアンドレッティへのラブコールがなかったとしても、琢磨選手のレイホール移籍は既定路線だったように思えます。

皆さんが何を根拠に踊りだしているのかがよくわかりません。逆に私が陰謀説とかのネタ元を知りたいくらいです。

ロビン・ミラー氏がRacerに寄稿した記事にしても、ヘンテコ翻訳にかけてもそんな情報には読めないはずだと思うのですが・・・・・。