インディカーシリーズの新しいレースディレクター

2012年01月05日

これまで、レースディレクター以外にも様々な部署を統括してきたブライアン・バーンハート(通称、校長先生)がその座を退き、後任が決定しました。

後任は2008年シーズンまでアメリカンルマンシリーズのレースディレクターを務めてきたヒューストン出身のボー・バーフィールド氏。

バーフィールド氏は2003年~08年まではチャンプカーシリーズのレーススチュワードを務め、それ以前はUSF2000シリーズのチーフスチュワードを務めていました。

バーフィールド氏はレースドライバーとしてこの世界へ入り、レーシングカート、フォーミュラ・フォード,インディライツに参戦、1992年~2007年まではロードアトランタでパノス・レーシングスクールの主任インストラクターをしていたという経歴があります。

バーフィールド氏は「やはり自分はレースドライバーとしてインディ500を目指してきたので、自分の目標であるインディ500でこうした職に就けることを非常に光栄に思っています。そしてインディカーシリーズで仕事ができるということを非常に光栄に思っています。」と語っています。

バーフィールド氏の仕事ぶりに注目ですね。