Jウィルソンがデイトナ24時間レースで優勝

2012年01月31日

マイケルシャンクレーシングより、AJアルメンディンガー、Oネグリ、Jピュウと組んで
デイトナプロトクラス(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%8A24%E6%99%82%E9%96%93%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B9)
でデイトナ24時間レースに参戦していましたが、5.198秒差で優勝しました。

Jウィルソンは8月に背骨を負傷して約半年ぶりのレース復帰での優勝。
チームにとっては9回目の挑戦でのデイトナ4時間初優勝となりました。

上位フィニッシュのインディカードライバーは以下の通りです。
4位 Sディクソン、Dフランキッティ組
6位 Gレイホール
7位 Pトレイシー
9位 Mパピス
10位 Rハンターレイ

GTクラスから参戦したJヒンチクリフはクラス6位、総合16位、

正式結果はこちらでどうぞ。

http://www.daytonainternationalspeedway.com/Articles/2012/01/2012-Rolex-24-results.aspx