インディカーニュース 2月17日 エンジンレギュレーション

2012年02月17日

2012シーズンからの新しいエンジンルール
先週インディカーは新しいスポーティング&テクニカルレギュレーションを発表し、
そして新しいエンジンレギュレーションも発表しました。
このルールは2016年シーズンまで適用され、細かな修正や変更は
インディカーの設けたエンジン部会によって行われることになっている。
主な新ルールは以下の通り。

○各マニュファクチュアラーが制作したすべてのエンジンは一旦インディカーが預かり、
インディカー側が無作為に各チームユーザーにエンジンを割り振る。

○年に2回、6月18日とシーズン終了後にすべてのエンジンパワーが
2.5%以内の誤差に収まっているかどうかをインディカーがチェックする。

○もしエンジンパワーが規定よりも2%低いことが判明した場合は
別のエンジンに交換することが許される。

○(シーズン途中でも)エンジンマニュファクチュアラーは
エンジン部品の変更を申し出ることができ、
それに伴うマクラーレン製のECUソフトウェアの変更の情報は
すべてのマニュファクチュアラーとインディカーオフィシャルで共有される。

○もしマニュファクチュアラーが公認部品に変更を加える場合は
より低い価格で供給されるパーツであるか、あからさまな機能向上がないことを
インディカー及び各マニュファクチュアラーが確認した場合のみそれを許可する。

○使用するソフトウェアを変更する場合は、
その変更点はすべてのマニュファクチュアラーに開示されなければならない。

【エンジン規定】

排気量 – 最大2200cc
気筒数 – 最大6気筒
エンジン回転数 – 最高12,000 回転毎分
エンジン出力 – 550 もしくは 700 馬力(レースコースによって使い分け)
燃料 - E85(バイオエタノール85%+ガソリン)
エンジンオイル – 潤滑目的に限る
ターボ加給圧 – 155KPa(ロードコース) 140KPa(ショートオーバル) 130KPa(スーパースピードウェイ)
(※加給圧センサー2つが搭載され、常時インディカーによってモニターされる)
最低重量 - 112.5kg (クラッチ、ターボチャージャーを除く、オイルなどを含む)
ターボチャージャー - ボルグワーナー社製 シングルターボ、もしくはツインターボ
(※チタニウム製、水冷 ベアリングハウジング)
エンジンマウント – バルクヘッド及びギアボックスへの組みつけ方法は3社共通

エンジン寿命 – 1,850マイル 1台につき年間5台のエンジンを供給
オーバーテイクアシスト – 2012シーズンは使用せず
エネルギー回収システム – 使用不可
ポップオフバルブ – 使用不可
トラクションコントロール — 使用不可
アンチストールシステム – 使用可

バンク角度 – V6エンジン – 60度 ~ 90度
ボア – 95mm 最大直径
エンジン長 – 460mm, (マウント面からマウント面まで)
クランクシャフト高 – 100mm (車体最低部より)
一体クランクシャフト – 共通部品を使用(素材変更、バランサーの外付け不可
メインベアリング最少内径 – 48mm
コンロッドのビッグエンド(クランクシャフト側)最少内径 – 40mm
コネクティングロッド – 共通部品を使用
ピストンピン – シングルのみ
バルブ – 回転バルブは禁止、バルブスプリングはコイルのみ
スパークプラグ – 1気筒につき一つ
コーティング – クランクシャフト, ロッド, カムシャフト, ピストンスカート、スレーブへの炭素コーディングは禁止
カムシャフト – 最大4本(各バンクに最大2本)

3メーカー参加による競争過熱やコスト上昇を防ぐためにかなり細かなルールが規定されていますね。シーズン中のパフォーマンスの監視も厳しく、一つのエンジンが突出してパフォーマンスが良くなることはなさそうです。これらのルールがうまく機能してより白熱したレースが見られるようになることを期待したいですね。