ショートオーバル仕様

2012年06月13日

安全かつ非常に多くのパッシングシーンを演出した
テキサスでのエアロパッケージでしたが、
このショートオーバル2連戦では、ロード/ストリート仕様がベースになります。

その中でも変更点は
フロントホイールブレーキダクトのバックプレート装着義務付け。
サイドポットインレットの2/3シャッター装着は任意。
リアのホイールバックプレートと
サイドポットトップデッキ(サイドポット上にある天板)の使用は禁止となります。

参考までに、リアのホイールバックプレートはこれです。


サイドポットトップデッキはこちらです。
手でもっているカーボン製のパーツです。


これらのルールはドラッグ(空気抵抗)を増やす役目があります。
空気抵抗を増やすことによってダーティエアの中での
レースカーの挙動の安定性を適度に低くして
集団が極度な密集状態にならないようにするとともに
ハンドリングバランスに対してシビアな特性を与えて
よりドライビングスキルを競わせる方向に持っていっています。


またアイオワでの予選方法が正式に発表になりましたが
2月の発表にあった通り、3ヒート制のレース形式になります。