ペンスキーは何を隠したかったのか?

2012年06月30日

前回のアイオワ戦、
レース序盤でクラッシュしたWパワーのレースカーが
ガレージで修理しているシーンが映し出されましたが
メカニックが慌てて布きれでパーツを隠すシーンがありました。



その部分を拡大してみると
リアサスペンションの部分であることがわかります。
ペンスキーは自家製のショックアブソーバーを使用しているので
何か秘密兵器を使用していたのでしょう。



もしくはショックの取り付け部分かスウェイバーあたりに
独自の工夫をしているのかもしれませんね。
このサスペンションの部分は各チームが一番隠したがる部分です。

あっ。
下の写真のDRRのレースカーはモロ見えですね。