タイヤ交換でトラブル増加?

2013年06月17日

http://blog.gaora.co.jp/indy/2012/07/3733

以前に書いたようにホイールナットが
去年から大きなものに変わっています。
それを境に、
タイヤ交換中のナット脱落によるピットタイムロスが頻発しています。

ピットストップでタイヤ交換に手間取っている原因のほとんどが
ナットの脱落です。

レンチで外したナットは
レンチの先端に磁石でくっついたままになるようになっています。

で、先の書き込みでは
「レンチの締め付け回転数が倍になったので締め付け時間が倍に」
と書きましたが、実際にはそうなってはいません。

レンチの回転数が倍以上になっているのです。
先週のミルウォーキー戦のレース後の天野さんの電話リポート中に
天野さんの背後でなっていたエアレンチの音ですが
明らかに以前よりも甲高い音になっています。

さらにテキサス戦ではピットワーク中
ナットを外したレンチを地面に置いたときに
盛大に火花が散っていました。



惰性のまま超高速回転するエアレンチのソケットが
地面触れて火花を飛ばしています。

ホイールナットがどれだけ重くなったのか
ダラーラのサムにメールで聞いてみます。