アイオワ戦の見どころ

2013年06月23日



250周のレースで、満タンで走れる距離は73周ほど。
なので、イエロー多発の場合はピットタイミングが重要です。

1周18秒ながらコース外側で14度のバンクのあるアイオワでは
サイドバイサイドで1周できるので
インもアウトも走れるかどうかが重要です。

前回のキーポイントだったフロントウイングアジャストにも注目。

今回は琢磨選手のレースカーにオンボードカメラがつくので
ギアチェンジや悪戦Rアンサーのオンオフによる
エンジン音の変化に注目してください。
そして、他のドライバーとの微妙な違いに注目してください。

レース中はコクピット内でアンチロールバーや
ウェイトジャッカーの調整を必ず行います。
オンボードカメラ映像の時はステアリングホイールから一瞬離れる
手の動きにも注目してください。