アレン・ベストウィックがABC/ESPNの実況担当に

2014年02月19日



今年でインディ500生中継を始めてから50周年を記念する
ABC/ESPNですが実況アナウンサーに
アレン・ベストウィックを起用することを発表しました。

ベストウィックはレースアナウンサーとしては27年のベテランで
1986年にNASCARのレース中継をするMRNラジオの
各ターン担当アナウンサーとしてデビュー。
1988年からはメインの実況アナウンサーを担当し、
1999年からはNBCでNASCAR中継を担当していました。
そしてこの7年間はESPNでのNASCAR中継の実況を担当していました。

私事ながら、
じつは11年前にベストウィックと共演したことがあります。


ワイプの一番手前がベストウィック
一番奥がベニー・パーソンズ大先生。
私の右となり(画面奥)にはウォーリー・ダーレンバックがいます。

2002年に福山英朗さんがNASCARデビューした時に
現地取材したのですが、
現地では福山さんのデビューでフィーバーしてて
日本からやってきたTVの実況アナウンサーとして
(当時私は実況も担当)
現地NBCの生中継で1分間ほど日本語で
実況アナウンスさせられたのでした。

一通り日本語で福山さんの走りを実況した後に
「ピットリポーターのマーティ・スナイダーを日本語で呼んでくれ」と言われて
マーティーのピットリポートのフリを日本語でさせられました。

今はNBCのインディカー中継でマーティはピットリポーターを担当し
Wダーレンバックは解説を担当しています。

で、今はデータ担当、当時はコメンタリーの岩崎さんは
リポーターとして現地に行ってました。