ヴィルヌーブ、着々と準備中

2014年03月22日



1995年のインディ500チャンピオンで
今年19年ぶりにインディ500に復帰するカナダのジャックビルヌーブが
シュミットピットピーターソンモータースポーツで
レースカーのシート合わせを行いました。

上の写真は、ビーズのような素材を固めて成型するシート(価格約20万円也)の
型を取っているところです。

ビルヌーブはホンダエンジン搭載のカーナンバー5番で
サイモンパジェノーとミカイルアレシンのチームメイトということになります。

レースカーのシートを成型するには
着座した時のヘルメットの位置もレギュレーションの範囲内に
納めなければなりません。


今後は5月11日のオープニングデーでの復活に向けて
4月の下旬に行われるリフレッシャーテストを受けなくてはなりません。

ビルヌーブは1995年のインディ500を制した後は
そのシーズンのCARTシリーズを制しました。
1996年からはF1世界選手権に参戦し34レースを出走して11勝を挙げ
1997年にはウイリアムズでドライバーズチャンピオンになっています。

2007年からは北米のストックカーレースに参戦し
ここ数年はカナダのTV局でF1中継の解説者を務めていました。