テキサス自慢

2014年06月08日



なんでも大きいことを自慢するテキサス州ですが、テキサスモータースピードウェイ(TMS)の自慢はこの4月に完成したバックストレッチにある超巨大スクリーン”ビッグ・ホスTV”です。パナソニック製としては世界最大となるビデオスクリーンは、ダラスカウボーイズのAT&Tスタジアムのスクリーンよりも75%おおきいとのこと。

サイズは横66.4m、縦28.8mで、12階建てビル相当の高さで、この世界一の大きさのビデオスクリーンはテキサス人の大きさ自慢を象徴するものだとTMS支配人のエディ・ゴセージ氏はご満悦です。

Tカナーンは「いちどこの画面でゲームしてみたい」とコメントし、Sパジェノーは1990年スペイングランプリのアイルトン・セナのポールポジションを獲得した時のオンボード映像が見たいとコメントしています。このビデオスクリーンのお披露目イベントにも参加しているHカストロネベスはビクトリーレーンからスクリーンに映っている自分の姿を見たいと語っています。

現場でレース映像を見たら酔って気持ち悪くなりそうですね。