残り4レース、チャンピオン争いの行方

2014年07月30日



過去8シーズンにわたって、チャンピオン争いが最終戦(最終ラップ?)までもつれているインディカーシリーズ。今シーズンも混戦の様相を呈してきています。

現時点でのポイントトップ4のドライバーたちのここ2シーズンの成績を振り返ります。

エリオ・カストロネベス(チームペンスキー)
上の表の8レースの平均順位は6.75。

2012年ベストフィニッシュ: フォンタナ5位(予選17位)
2012年ワーストフィニッシュ: ミッドオハイオ16位(予選23位)
2013年ベストフィニッシュ: ミルォーキー2位 (予選17位).
2013年ワーストフィニッシュ:ソノマ7位 (予選5位)


ウィル・パワー(チームペンスキー)

上の表での平均順位6.125

2012ベスト: ミッドオハイオ2位 (予選1位) ソノマ2位 (予選1位).
2012ワースト: フォンタナ24位.
2013ベスト: ソノマ1位 (予選4位) フォンタナ1位 (予選1位).
2013ワースト: ミッドオハイオ4位 (予選2位).

ライアン・ハンターレイ(アンドレッティオートスポート)
上の表の平均順位 8.5

2012ベスト: ミルウォーキー1位 (予選2位).
2012ワースト: ミッドオハイオ24位 (予選7位).
2013ベスト: ミルウォーキー1位 (予選4位).
2013ワースト: フォンタナ9位 (予選11位).

シモン・パジェノー(シュミットピーターソンハミルトンモータースポーツ)
表の8レースの平均順位 8.75

2012ベスト: ミッドオハイオ3位 (予選3位).
2012ワースト: フォンタナ15位 (予選20位).
2013ベスト: ミッドオハイオ2位 (予選2位).
2013ワースト: フォンタナ13位 (予選13位).

こうなってくるとマシントラブルだけが怖いですね。