アレシン、その後の容体

2014年08月30日

その後のインディカーのリリースによると、
インディカーメディカルコンサルタントのテリー・トラメル先生の話では、アレシンはローマ・リンダ大学メディアディカルセンターで精密検査を受けました。その診断の結果、ろっ骨の骨折、鎖骨の骨折、脳震盪、胸部の負傷ということです。