ブラジル代替イベントの可能性を考える

2015年01月30日

突如発表されたブラジリアでのレースキャンセルですが、開催までにほぼ一か月という時期での発表でした。

インディカーやチームは一部の機材を発送し終えている可能性が大きいと思われます。すでにイベントスポンサーも決まって、チケットも3分の2が完売して、ホスピタリティも完売しています。

では、なぜイベントプロモーターのBAND(ブラジルのスポーツTV局)は開催中止の判断をしたのか。地方自治体からの支援が打ち切られたのか、それとも施設改修が物理的に間に合わないことが判明したのか。この時期での中止発表はよほど大きな障害が発生したとしか考えられません。

個人的には、同じブラジル国内で代替イベント開催の可能性を期待したいところです。さらに具体的に言えばかつてWTCCなどが開催されたクリチバで代替開催できないものでしょうか?
http://www.autodromodecuritiba.com.br/autodromo-o-circuito.htm

以前に、中国のチンタオ戦がキャンセルになった時にウィスコンシン州のロードアメリカが代替イベント開催を急きょ検討し始めましたが、物理的な受け入れはできるもののチケットセールスが間に合わないという理由で断念されたことがありました。

ブラジリアとクリチバは同じ国内といえども1000キロ余りの距離があるのがネックですが・・・。