左右非対称のインディカー

2015年05月15日



左ターンしかないインディではロードストリートレースでは左右対称のセットも左右で完全に非対称になります。こうやって見ると完全に平行四辺形ですね。これをスタッガード(互い違いの)セットアップといいます。

これはいかにターンで速度を落とさないようにするかという目的で、ターンに入って遠心力が働いたところでレースカーが路面と平行になってタイヤがバランスよく設置するようになっているからです。

ということで、基本的にストレートではこの平行四辺形のままで走っています。速度が高くダウンフォースがつくので多少下に押し付けられる形になりますが。

よって、ストレートでもレースカーは常に左に曲がろうとする力が加わります。ドライバーは左にとられるハンドルをわずかに右に切ってストレートを走ります。

ターンの立ち上がりでレースカーがインサイドによっていくのはこのせいです。