ヒンチクリフの経過は良好

2015年05月21日



18日月曜日にターン3でクラッシュしメソジスト病院で骨盤と左大腿部の手術を受けたJヒンチクリフでしたが、集中治療室(ICU)から一般病棟に移動しました。

主治医のティモシー・ポールマン先生によると、診断の結果、これ以上の手術の必要はなく経過は良好とのことです。

ヒンチクリフのインディ500出場はなくなりましたが、代わりにだれがドライブするのか、まだシュミットピーターソンレーシングからは発表はありません。