ミッドオハイオ戦でのペナルティ

2015年08月06日



インディカーは8月2日にミッドオハイオで行われたレースのペナルティを発表しました。

ロドルフォ・ゴンザレスにピットストップでの燃料補給中にヘルメットバイザーを挙げていたとして500ドルの罰金。

デイルコインレーシング(カーナンバー19)にピット作業中にナットをピットレーン内に転がしたとして500ドルの罰金。

シボレーにカーナンバー67が規定マイルに達したとしてマニュファクチュアラーポイントに10点の追加ポイント。

シボレーにカーナンバー9、20,22が規定マイルにエンジン交換したとしてマニュファクチュアラーポイントから60点の減産。

シボレーにカーナンバー3が規定マイルに達したとしてマニュファクチュアラーポイントに10点の追加。

これでマニュファクチュアラーポイントはシボレーが1309点、ホンダが1029点となりました。

セイジ・カラムのスピンはノーペナルティと判定されました。