ジャスティン・ウィルソン、レース外での活動

2015年08月25日



ジャスティン・ウィルソンはレース活動以外にも、難読症、識字障害を患う子供たちを支援して、レースウィークエンドには近くの学校などの訪問をしていました。

難読症、識字障害の克服のため、環形施設の教師や障害者の両親を支援するためもメッセージをJウィルソンは発信してきました。

幼少のころに自身が難読症、識字障害であったウィルソンは、学校ではクラスメートに嘲笑されるなどしてつらい経験をしてきましたが、教師や家族の支援のほか、長年の訓練を受けて難読症、識字障害を克服してきた過去があります。

また「レーシングフォーキッズ」活動にも参加して、レースかおこなわれる先々で小児病院で闘病を続ける子供たちを励ましてきました。先のポコノ戦の前の8月21日にはペンシルベニア州ダンビルにあるゲイジンガー医療センターを訪問して子供たちに会いサイン会などを開いています。