ソノマGPでのペナルティ

2015年09月03日



インディカーは8月30日のソノマGPでの反則行為とペナルティ処分を発表しました。

チームペンスキーの22番にピットレーンでの通行違反と他車のピット作業の妨害があったとして2500ドルの罰金。

CHFレーシングの67番にピットレーンで他車の器具に接触したとして500ドルの罰金。

マニュファクチュアラーポイントではホンダに規定マイル数消化前のエンジン交換(15.26、41)があったとして80点の減点。また、41にエンジンの不具合があったとして20点の減点。

これにより、マニュファクチュアラーポイントはシボレーが1645点、ホンダが1179点となり、シボレーの4年連続のマニュファクチュアラータイトルが決定しました。