ステレオサウンドはいかがだったでしょうか?

2016年04月04日



今回の第2戦の放送から二か国語放送から日本語ステレオ放送に変更しましたがいかがでしたでしょうか?

スタートやリスタートの集団の時の通過音やオンボード映像の時のエンジンサウンド、ピットワークの時の様々な機械音などが今までよりもくっきりと浮き上がって奥行き感を持って立体的に聞こえたことだと思います。

お手持ちのテレビ受像機によってはスピーカーがモノラルだったりステレオ効果が十分に発揮されたかったかもしれませんが、ホームシアターなどをお持ちの方はその効果を存分にお楽しみいただけたかと思います。

もっと手軽にステレオサウンドを楽しむにはヘッドフォン(ステレオイアフォン)などを使用するとレースカーサウンドが左から右へと駆け抜けてゆくのが感じられると思います。(。。。。ということですよ武藤君。)


これまでは二か国語放送だったために日本語音声は1ch分しか使えずにモノラル音声になっていましたが、副音声の英語ch分をと合わせて2ch分の音声トラックを使用してステレオサウンドにしています。

ちなみに、スタジオにいるコメンタリーにはトークバックなどの関係上、従来通りのモノラル音声しか聞こえないために、ステレオ効果がわかりません。


3時間5分の生放送でした
ロジャーとの電話の時に2003年にロジャーがターン2でクラッシュして気絶した話を聞くのを忘れました。

放送終了後に新大阪駅で遅いランチ。武藤君は日本酒が飲みたそうでした。