今に足りないものが82年のインディ500にはある

2016年04月21日

1982年のインディ500を見て当時の人々がインディ500やAJフォイトに”熱狂”するのがよく分ります。そして、今のインディカーレースというかモータースポーツに足りないものがそこにはたくさんありますね。

AJフォイトの存在感なんかは往年の長嶋茂雄選手を超えるものを感じます。

前人未到の5勝目を狙ってのフロントロースタートと、ものすごい注目の中でいきなりクラッシュに巻き込まれてケビン・コーガンに食って掛かるところやトンカチのところなんかレースカーを降りてもあの存在感はさすがです!

他にもアンドレッティや、ジョンコック、アンサー、メアーズとトレイシー兄貴やダニカやシェクター並みの非常に濃いキャラクターの持ち主が勢ぞろいしていました。

その一方で、予選前にゴードン・スマイリーが非常に惨たらしいクラッシュの仕方で命を落とすなど、生死が隣りあわせとなったものすごい空気が特別の舞台の独特な雰囲気を醸し出しています。

たしかにTBSが中継を始めた80年代前半はそういう空気の中でのインディ500を見ていました。

あの時代の空気には戻れないでしょうが、映画の「ラッシュ」のような世界には魅力を感じます。