2位じゃダメなんです

2016年05月31日


「I have no idea」(なんて言っていいのかわからない・・・)これがアレクサンダー・ロッシの優勝インタビューでの第一声でした。

去年のインディ500はF1のシートを失った中でモナコでTV観戦していたロッシでしたが、その一年後にはインディアナポリスのビクトリーレーンに立ったわけです。この一勝はシリーズタイトル獲得同等かそれ以上の価値を有します。

一方で、2位のカルロス・ムニョスと3位のジョセフ・ニューガーデンはこの表情。



表彰台のないインディ500では彼らの表情がすべてを物語っています。

グレーのスーツを着たチームクルーのリアクションの映像を見て、最初はどこのチームか?と思いましたが。予選前日にNAPAオートパーツがスポンサーに決まったためにドライバー以外のロゴ入りスーツなどは間に合わなかったようですね。ある意味インディらしいですが、まさにアメリカンドリームの実現です。