ハルマン・ジョージ家の人々

2016年05月31日



今年のスタートコマンドはハルマン・ジョージ家4世代にわたる一同が行いました。
ハルマン・ジョージ家はインディアナポリスモータースピードウェイのオーナー一族です。

この有名なスタートコマンドを定着させたのは戦後にスピードウェイのオーナーとなったトニー・ハルマンでした。インディアナポリスでベーキングパウダー販売他で成功したビジネスマンで、インディ500をイベントとして盛り上げるための様々な演出を行いました。

インディ500をここまでの世界的なビッグイベントに成長させたのはトニー・ハルマンの功績と言っていいでしょう。

1977年にトニー・ハルマンが他界すると、妻のメアリー・フレンドリック・ハルマンがこの役を引き継ぎました。


98年にメアリーがなくなるとハルマン家の一人娘の”マリー”ハルマン・ジョージが引き継ぎました。

マリーは次女でしたが、姉は生まれた直後に亡くなったため、ハルマン家の資産すべてを引き継いでジョージ家に嫁ぎました。なので、ハルマン家の名前を残して「ハルマン・ジョージ家」としています。