ピゴットがECRから残りのロードストリートレースに参戦

2016年06月03日



22歳のアメリカ人ドライバーのスペンサー・ピゴットがエドカーペンターレーシング(ECR)からカーナンバー20でシーズン残りのロードストリートレースに参戦することが発表されました。カーナンバー20をエド・カーペンターとシェアすることになります。

Sピゴットは去年のインディライツチャンピオンで、シリーズをサポートするマツダから100万ドルスカラーシップを受けてレイホールレターマンラニガンレーシングからインディ500を含む3レースに参戦していました。

スカラーシップを資金とした参戦は開幕戦と5月の2レースの合計3レースまでとなっていましたが、同じアメリカ人チームオーナーのEカーペンターが若手アメリカ人にチャンスを与えたことになります。

これで、ECRとしてはフルシーズンで参戦する#21ジョセフ・ニューガーデンと共に残りのレースすべてで2台を走らせることになります。