レッドフラッグ後のレース再開

2016年06月14日

レッドフラッグ中はインディカーに認められた安全対策などの作業が許されます。その場合はレース再開時には最後尾に並ぶことになります。

もし、それ以上の作業を行った場合はインディカーの判断により最低でも2周減算のペナルティとなります。

レースの周回数、もしくは時間が50%以上を残している場合はレースは不成立となります。
レースを再開する場合はその状態から再開することになります。

その場合の順位はレッドフラッグになった時点での順位となります。

レッドフラッグによってレースが途中中断し、翌日に持ち越しになったのは2011年サンパウロが最後で、この時は降雨で14周消化でレッドフラッグが出され、翌日の月曜日に15周目から再開しました。


この時は全チームがタイヤを交換したうえで燃料を満タンにしてのリスタートで、1周のウォームアップラップののちにグリーンフラッグとなっています。それまでにクラッシュしたレースカーもそれぞれの消化周回数からのリスタートとなって全車レースに復帰しています。


レッドフラッグ中断時のレースの再開に関してはその日のうちに再開することもあれば、翌日以降に再開されることもあります。いずれの場合も一時中断となったレースの再開扱いです。

2011年の時は予選10位スタートだった琢磨選手が3位まで上がって時点で中断となりましたが、その時は「レースをやり直すべきだ・・・・・」という声は全く上がりませんでしたね。