Hカストロネベスのペナルティ

2016年06月27日



問題のシーンはレースリスタートとなった45周目のターン5。エリオがキンボールをブロックしています。松田さんもこの動きに反応してコメントしています。

で、審議の結果はHカストロネベスにブロッキングで「ポジションを譲れ」という判定が出ました。


この裁定では現状のポジションを後続に譲ればOKということになります。その時点でRハンターレイがキンボールを抜いて前に出ていたので、カストロネベスはハンターレイにポジションを譲ってペナルティを消化したことになります。

レース後にキンボールは「ハンターレイではなく僕の後ろに来るべきだ」とコメントしていましたが、ルール上は問題ありません。もし、キンボールがごぼう抜かれしていたとしてもエリオはキンボールの後ろにまで下がる必要はなく、ブロッキングした時の順位を後続に譲ればいいということです。