現地の雰囲気が台無しに

2016年08月06日

たとえばインディ500のプリレースセレモニーで、アメリカ国歌独唱もクライマックスを迎えようとしている時に・・・。

実況アナA「あっ、会場上空向こうの方から戦闘機が近づいてきます」
実況アナ男「ものすごいスピードですねえ」
実況アナ男「それにものすごい轟音です!!」
実況アナ女「うわー!すごい迫力です!!!」


・・・・・実況アナたちがしゃべりをかぶせている間に戦闘機は通過し、現地の歓声もアナたちの個人的な感想(台本?)にかき消されれて終了。

バックホームアゲインインインディアナが始まろうとしている時に・・・・・・
実況アナ男「何とコース上にステージが設けられています!!!!」
実況アナ女「全観客の視線がそのステージに集まってきています」

・・・・歌が始まる・・・・
実況アナ男「今年は子供たちとの合唱なんですね・・・・」
実況アナ女「子供たちの表情も生き生きしていますね・・・・」

・・・・・そうこうしているうちに歌は終了・・・・・
アナたちが個人的な感想を語っているうちにマリーハルマンジョージが紹介されて登壇。
そしてスタートコマンド・・・・・。

・・・・・スタートコマンドが言い終わるや否や映像はスタジオに切り替わって実況アナ男と女が中途半端なコメントをしゃべり続ける・・・・・。
その間にレースカーはパレードラップに出発・・・・orz。

書こうと思えばそんなチープな台本はいくらでも書けますが、来年のインディ500でそれをやったらクレームの嵐でしょうねえ。
過剰にしゃべり続けた上にイベントのクライマックスフィナーレを映さずにスタジオトークにしてしまったら・・・。

今日は朝からずっこけたのは私だけではないハズ。