Daryin Pittman ダーリン・ピットマン選手

2016年12月31日



スプリントレースシリーズの頂点、World of Out Lowシリーズで2013年チャンピオンになったダーリン・ピットマン。2000年はまだ参戦2年目の若手でした。
http://darynpittman.com/site/?page_id=8

2000年インディレーシング最終戦はテキサスで開催されましたが、その前日にテキサスモータースピードウェイのダートオーバルでWorld of Out Lowシリーズが開催され、カメラをもって取材に行ってきました。

その時に目に留まった若手ドライバーにレースカーの解説をお願いしましたが、それがダーリン・ピットマンでした。当時は2年目の若手でしたが、その後は2015年までに通算57勝を挙げるトップドライバーになっていました。

この年は日本でオーバルレースを開催する某レーストラックの関係者がインディレーシングの視察に来ていましたが、ダートオーバルでのスプリントカーレースは見事にスルー。それから17年後の今、もはや日本のオーバルレースは過去のモノ。

オーバルトラックの建設も決まっていたので、スプリントレースの視察もおすすめしたのですが、結果的にはソフトを理解せずにハードは活かせないという教訓になりました。