体制を強化するレイホール

2017年02月25日



長らくグラハム・レイホールの1カー体制で参戦してきているレイホールレターマンラニガンレーシング(RLLR)はエンジニアリングをさらに強化して2017シーズンに臨もうとしています。

これまでパトリックレーシングやチームペンスキーに在籍し、昨シーズンはアンドレッティハータオートスポーツでエンジニアリングコンサルタントを務めてきたトム・ジャーマンを去年の12月に獲得しました。

チームオーナのボビー・レイホールはワンカー体制で他強豪チームに対抗するには体制強化が必要だと語っています。

これまでRLLRはワンカー体制ながらチャンピオン争いに生き残り、2015シーズンはランキング4位で2016シーズンはランキング5位を記録しています。

チーフエンジニアは引き続きエディー・ジョーンズが担当し、ストラテジストはリカルド・ノールトが続投します。ジャーマンはエンジニアリングコンサルタントとしてチームを統括します。