元F1チャンピオン、インディ500参戦の歴史

2017年04月13日



フェルナンド・アロンソのINDY500参戦のニュースは4月1日発表だったら絶対に誰にも信じてもらえなかったでしょう。元F1チャンピオンのインディ500参戦は2014年のジャック・ビルヌーブ以来になります。

同じシーズンにF1とインディ500を走るのは1994年のナイジェル・マンセル以来で、マンセルは7月のF1フランスGPに参戦したほか、シーズンラスト3レースにも出場しています。

F1タイトル獲得ドライバーがインデイ500に挑戦するのは101回目の歴史の中で、アロンソで13人目となります。これまでの12人のドライバーは以下の通り(アルファベット順)。

マリオ・アンドレッティ
アルベルト・アスカリ
ジャック・ブラバム
ジム・クラーク
エマーソン・フィッティパルディ
グラハム・ヒル
デニス・ハルム
ナイジェル・マンセル
ネルソン・ピケ
ヨッヘン・リント
ジャッキー・スチュワート
ジャック・ビルヌーブ

その中でもGヒルはインディ500初挑戦で優勝し、インディ500、モナコGP、ルマン24時間の3つを制しているただ一人のドライバーです。

上記12人以外にも元F1チャンピオンとしては、ジュセッペ・ファリーナとファン・マヌエル・ファンジオがインディ500のルーキーてテストをパスしましたが予選は通りませんでした。

今年のインディ500に参戦する元F1ドライバーは、アロンソの他に、モントーヤ、ロッシ、佐藤琢磨、ブルデイ、チルトンです。

アロンソ自身はインディアナポリス・モータースピードウェイを走ったことは過去6回あって、2007年にマクラーレン所属時代にUSグランプで2位フィニッシュしています。