全世界で200万人以上がアロンソのテストを視聴

2017年05月06日



5月3日にインディアナポリス・モータースピードウェイでフェルナンド・アロンソのルーキーオリエンテーションが行われ、その模様はネットでストリーミング中継されましたがその視聴者数は全世界で200万人を超えました。

ライブストリーミングは5時間以上も配信され、その中で30%以上はヨーロッパからのアクセスで、特にFacebookでは英国での視聴者が最も多かったということでした。

Facebookでの視聴数は104.1万人でYouTubeでの視聴者数は 104.2万人でした。

その日はYoutubeでは映画「ザ・ダークタワー」の予告が公開されるなど、注目の動画公開が多かったにもかかわらずアロンソ関係の映像はトータルで283時間以上にもなりました。

ハッシュタグ #AlonsoRunsIndy はアメリカ、英国、スペイン、ブラジル、イタリア、アイルランド、ポーランドの7か国でトレンド入りし、ハッシュタグ #Indy500 はコロンビア、カナダ、カナダ、メキシコ他でトレンド入りしました。(日本は#indyjpなのでカウントされず)

アロンソは次は5月15日にインディアナポリス・モータースピードウェイを走ります。