第101回インディアナポリス500 4日目情報まとめ

2017年05月19日


プラクティス4リザルト
http://www.imscdn.com/INDYCAR/Documents/3731/2017-05-18/indycar-results-p4.pdf
晴れ 気温30度 路面52度 10m以上の風

【Jハワードがトップ】
6年ぶりのインディ復帰となったシュミットピーターソンモータースポーツの♯77Jハワードがこの5月で最速となる226.744mphを記録。Rハンターレイ、Mアンドレッティ、Fアロンソのアンドレッティ勢をおさえてトップスピードをマークしました。「最高ですよ。夢じゃないかな?明日朝起きたら違ってたりして。」とコメント。ハワードは2006年のインディライツチャンピオンで、その後インディカーレースには11レース参戦したものの、2011年を最後にインディカーからは離れていました。インディ500には唯一その2011年にシュミットピーターソンとレイホールレターマンのジョイントチームから参戦し予選20位決勝30位に終わっています。36歳になるハワードは近年は若手ドライバーの育成活動を行い、今年はトニー・スチュワートのチャリティ活動のバックアップによってインディ500に復帰しています。

トニー・スチュワートがインディ500でシュミットピーターソンをサポート
http://blog.gaora.co.jp/indy/2017/02/19977
ジェイ・ハワードが第101回インディ500に参戦
http://blog.gaora.co.jp/indy/2017/03/20263

【アンドレッティ勢が2-3-4】
33人のドライバーが延2,362周を走り、2014年インディ500ウィナーのRハンターレイが225.826mphが2番手、Mアンドレッティが225.709mph、Fアロンソが225.619mphで続いています。アロンソは「今日は集団でも単独でも走り、何パターンかのトリムとセットアップを試したが朝から成果は順調でレースカーはだいぶ仕上がってきた。トラフィックもさまざまな状況を試しバランスのいいレースカーになってきたと思う。明日は予選に向ての準備にとりかかることになるが、あくまでも決勝重視で予選は通過点にすぎない。」とコメントしています。

【ニューガーデンが単独クラッシュ】
225.455mphで5番手につけていたもののセッション開始1時間10分後にターン1でスピンしてクラッシュ。この日の走行はそこまでとなっています。「体は大丈夫だが非常に残念。ピットインを無線で連絡した矢先のアクシデントだった。それまでの走りは好調で、原因はよくわからないが自分のミスかもしれない。チームのみんなには申し訳ないと思う。」とコメントしています。

【佐藤琢磨は単独走行ではトップスピード】
全体では9番手となる224.771mphの他にNTS(トーイングなしの単独走行)ではトップスピードとなる224.734 mphをマーク。予選に向けてのセットに大きな期待がかかる。「昨日が走れなかった分、今日はそれを取り返す走りができました。集団走行もばっちりできてより快適なレースカーに仕上がったと思います。今日の走りは楽しめました。明日に向けて予選シミュレーションも行いましたがそちらでも大きな収穫がありました。本当に充実した1日でした。」と満足そうにコメントしています。

【明日からは予選ブースト】
金曜日、土曜日、日曜日の3日間はターボブーストが130 kPaから140kPaに変更されます。これによって30馬力ほどアップすることになります。これで、明日からは4周の単独走行となる予選ランに主眼を置いたテスト走行になります。230mphを超えれば十分にTOP9を狙えるでしょう。

【ブルデイがエンジントラブル】

先週のインディカーGPでエンジントラブルが発生して翌日にエンジン交換したものの、4日目に交換したエンジンがトラブル。年間でフレッシュエンジン4基までという規定がありますが、4基以内であればトラブル発生後の修理は交換部品の規定内であれば許されます。

【4日目ハイライト映像】
http://www.indycar.com/Videos/2017/05/05-18-Indy-practice-4-highlights

【5月19日金曜日 4日目(ファストフライデー)スケジュール】
12:00pm – 06:00pm – Practice