【カーブデー】佐藤琢磨コメント、ファイナルプラクティスで2位「自信とゆとりを持って臨める」

2017年05月27日


Photo:Indycar

決勝前最後のプラクティスとなるカーブデーに1時間で行われるファイナルプラクティスで、佐藤琢磨は2番手となる226.802mphを記録し、好調な所を見せている。

2012年のインディ500でファイナルラップでDフランキッティと優勝争いをした時のファイナルプラクティスでは4番手を記録したが、今回はそれを上まわる走りを見せている。

【佐藤琢磨選手のコメント】
正直、いい走りができたと思います。アンドレッティオートスポーツでの走りを本当に楽しんでいます。ここまでの作業は本当に順調です。月曜日は様々なダウンフォースレベルやセッティングでレースシミュレーションをトライしてきました。今日はレースカーをすべてばらして組み直してニューエンジンに積み替えてのシェイクダウンでしたが、レースカーは期待通りに絶好調でした。もう、カーブデーですから期待通りに行かないと困るのですが、日曜日に向けては万全だと思います。これもチームメイトみんなの仕事の結果だと思います。日曜日のレースは自信とゆとりを持って臨めます。



Photo:Indycar