リンダ・ボーン先生の代役として

2017年05月28日

リンダ・ボーン先生が今年の500を欠席されるとこのとなので、代役としてこの画像を貼っておきます。
リンダ・ボーン先生のフィギュアとサインがポイントな、1972年のインディ500ペースカー、オールズモービルのプラモデルです。

1972年のインディ500は・・・
  マーク・ダナヒューがペンスキーのマクラーレン・オッフィーで優勝
  ゲストとして見に来ていたジム・ネイバースさんが初めて”Back Home Again in Indiana”をリハーサルなしのぶっつけ本番で歌わされ、以後2014年まで伝統となった
そんな年でした。

ボーン先生の回復を祈念し、第101回500の放送を楽しみにしつつ。