バッサーがチーム再建に意欲

2017年06月24日



かつてKVレーシングテクノロジーの共同オーナーとしてチームを運営し、ドライバー時代も含めると30年近くインディカーシリーズに参加してきましたが、この第101回インディ500への参加は一観戦者としてでした。

先週、18日にインディアナポリス・モータースピードウェイで開催されたインディレジェンド・チャリティ・プロアマレースに参加したバッサーはそのことを振り返り「仕事ではなんでもなくだだ、観戦に来ました。初めての経験で不思議でしたね。」とコメント。

かつて8回インディ500に出走したバッサーはインディカーの競技部門の最高責任者であるジェイ・フライの招待でパゴダにあるスイートルームで観戦。最初はエアコンの効いた部屋でIMSラジオのアナウンスをを聞きながら観戦していましたが、やはり、血が騒いでピットレーンにおり、そこで最後までレースを観戦しました。

現在は51歳のジミー・バッサーは2008シーズンまでインディカーで233レースに参戦。1996年にはチップガナッシレーシングでホンダエンジンのドライバーとして初めてシリーズチャンピオンになっています。

そのバッサーは今もオーナーとして復帰する意思があることを隠しません。

「すぐにでもと言うわけではないですが。昨年でチームを閉鎖した時にはまだスポンサーとの関係が残っていたのですが、すべてはブルデイに託しました。スポンサーはブルデイとの継続を望んでいたので、そのままデイルコインレーシングで継続してもらうことになりました。今シーズンは何レースか現場に足を運びましたが、うまく継続しているようでよかったです。レースに参戦するには単に参戦するだけではなく確かな熱意が必要です。準備が整えば復帰したいですし、いくつかのお話はいただいています。ただ現時点では何も具体化していません、」とバッサーはコメントしています。