ユニバーサルキット、見た目以上に、ここが違う!

2017年07月25日


Photo:Indycar Chris Owens

①最低3年間の継続使用
2018シーズンから2020シーズンまでの最低3シーズンは継続使用されます。

②コストの低減
年間コストは現行モデルと比較して30%~40%低減。

③ダウンフォースの削減
現行モデルと比較して20%~25%のダウン。
つまり、ドラッグも低減されストレートスピードは増加します。逆にコーナーリング速度は低下し、スピードにメリハリが出ます。

④チームの実車テスト
パーツ自体はチームにこの11月に供給されるが、チームによる実車テストは来年1月以降になる見込み。

⑤新規参入の狙い
チームのみならず、新規のエンジンマニュファクチュアラー、パーツメーカーのOEMなどの新規参入が期待される。

⑥エンジンがより見えやすく
現行シャシーではインダクションボックスなどの上部構造体でエンジンが覆われているが、次期シャシーではそれら構造体が移動されよりエンジンが視認できるようになる。チームによってエンジンが目隠しされるようなことは排除される。

⑦ボディーワーク以外の変更点
電気系統が一新され、コクピット内のダッシュパネルが新しくなるほか、ブレーキキャリパーもブレンボ製からPFC製に変更されブレーキシステムも一新される。

⑧メイド・イン・インディアナポリス
エアロパーツの大半はスピードウェイ(町名)にあるダラーラのファクトリーで製造される。

⑨ショックアブソーバー

従来通りチームごとで自由に選択、開発が可能。ゆくゆくはコスト抑制のために規制する方向で検討中。

 

ハイダウンフォースによるコーナーリング速度の高さはバトルに結びつかないどころかストレート速度を低くしてブレーキングバトルを減少させてきました。

今後はダウンフォースが減ることによって、コーナーリングでのドライビングスキルの重要性が上がります。言うことを聞かないレースカーをコントロールするというドライバーのアクションが可視化されることになります。これはレース観戦がより面白くなるということです。琢磨選手には有利になるでしょう。

コーナーリング速度の低下によってロードストリートショートオーバルでのラップタイムはダウンする可能性はありますが、数秒のタイムダウンはレースの面白さには影響することなく、よりバトルを増やす結果になると見られています。

”コーナーリング速度が速い”と言うのはレースとしては全く売り文句にならないことを意味しています。

リアホイールガードが廃止されていますが、リアホイールガードの装着は安全性の向上が目的であって、”装着”自体は目的ではないので相対的な効果が勘案された上での結果だと思います。

ビームウイングフラップはアンダーウイング終端に移設されています。