「ボルグワーナートロフィー」を見る時のおすすめポイント

2017年11月29日



【琢磨選手の顔の場所は?】

顔が刻まれるのはトロフィー本体ではなく台座。1986年にすでにトロフィー本体は歴代の優勝者で埋まってしまっています。

【トロフィーの大きさは?】
銀製のトロフィーは高さ163cm、重さ69㎏で、2003年に台座がより大きなものに交換されて今のサイズになっています。台座には2033年までの優勝者のスペースが確保されています。

【一大会で顔が二人分】
過去2大会で優勝者の顔が二人並んでいるところがありますが、これはリリーフドライバー(途中でドライバー交代)があったためにそれぞれ二人の顔が刻まれました。

【黄金の顔】

初めて台座が取付けられた1986年に、ボルグワーナートロフィー30周年を記念して、戦後インディアナポリスモータースピードウェイのオーナーとなってインディ500を世界的イベントにまで成長させたトニー・ハルマン氏の顔が金で製作されて取り付けられています。なので、琢磨選手は104人目の顔となります。

【もっとも複雑な顔】
1983年に優勝したトム・スニーバはメガネをかけて優勝した初めてのドライバーで、このメガネをかけた顔を制作するのに相当苦労したという話があります。初期の優勝者にはヘルメットとゴーグルをしたままのレリーフもあります。