琢磨選手に”ベビー・ボーグ”が授与される

2018年01月18日



現地1月17日にデトロイトで開催されている北米国際自動車ショー恒例の夕食会の席で、第101回インディ500を制した佐藤琢磨選手にボルグワーナートロフィーの分身である”ベビー・ボーグ”が授与されました。

トロフィーを受け取った琢磨選手は「まだどこに飾るか決めてません」とコメント。

ボルグワーナートロフィー本体はインディアナポリス・モータースピードウェイに所蔵されますが、ベビー・ボーグは琢磨選手個人の所有となります。合わせてチームオーナーであるマイケル・アンドレッティにもチームオーナー用のベビー・ボーグが贈られました。マイケルにとっては5つ目のベビー・ボーグとなります。

ベビー・ボーグは高さ14インチ(35.5cm)、重さ5ポンド(2.3㎏)で黒大理石でできた台座には名前と優勝年が刻印されたプレートとボルグワーナートロフィー本体と同じ顔のレリーフが取り付けられています。