ハーディングレーシングがペイントスキームをお披露目

2018年03月07日



今シーズンからインディカーシリーズにフル参戦を開始するハーディングレーシングはギャビー・チャベスがドライブする#88の新しいペイントスキームをお披露目しました。

チームは2017年に結成されギャビー・チャベスがインディ500(9位)、テキサス(5位)、ポコノの(15位)3レースで出走し、なかなかの好成績を残しています。

チームはインディアナポリスモータースピードウェイ近くにあったサラ・フィッシャーレーシングの設備を購入してさらにスタッフを雇い入れて2018シーズンののフル参戦に備えてきました。

ハーディングレーシングはかつてビジョンレーシングでチームマネージャーを務めたラリー・カリーがマイク・ハーディングと共に設立したチームで、チャベスの才能を見抜いてドライバーとして抜擢し、そのアドバイザーにはアル・アンサーJr.を迎えています。

そして、チーム代表には昨年までインディカーシリーズでレースディレクターを務めてきたブライアン・バーンハートをヘッドハンティングしてチーム体制強化を図っています。

ハーディングレーシングのプロモーションビデオはこちらでご覧になれます。
https://www.youtube.com/watch?time_continue=87&v=dturWUoZFhI