GLOBAL MX-5 CUPが開幕 

2018年03月22日



今週末からテキサスのオースティンにあるサーキットオブジアメリカ(COTA)でGLOBAL MX-5 CUPが日本のシリーズよりも一足先に開幕します。

インディカーの公認レースとなって今年で2年目を迎え、シリーズチャンピオンにはマツダスカラーシップの20万ドルが与えられ、ルーキーオブザイヤーには7万5千ドルが与えられます。

今週末は週末に2レースが開催され、8人のルーキーを含む32人がエントリー。日本からはGAORA SPORTSのインディカー中継でコメンタリーも務めるレーサー鹿島さんがフル参戦します。

レースカーは現行のマツダ・ロードスター(MX-5)の北米仕様車がベースで、指定部品のみを使用したレース専用車両のコンプリートモデル(約6万ドルで販売)を使用します。タイヤはBFグッドリッジのスリックタイヤを使用します。

1イベントは2レースで構成され、2レースとも1回の予選でグリッドを決定します。決勝レースは45分間で、フルコースイエロー中もレースタイムは続行されます。

今シーズンは6イベント12レースを開催。そのうちの4イベント8レースはインディカーのサポートイベントとして開催されます。10月にはアメリカで世界一決定戦が行われ、日本のMX-5 CUPのシリーズのチャンピオンも招待されることになっています。

https://mx-5cup.jp/
https://mx-5cup.com/