【MAZDA Road to INDY】最後はメカニカルトラブルで終わったカイル・カイザー

2018年05月31日


https://youtu.be/URUBNuqvoA8

去年のインディライツでチャンピオンとなり、100万ドルのマツダスカラーシップを手にして今年のインディ500に参戦したカイル・カイザー。

予選は17位で佐藤琢磨選手の横にグリッドを獲得するなど順調な所を見せてきましたが、決勝レースではピットでのアクシデントなどもあってドライブスルーを科せられて周回遅れとなり、さらにはメカニカルトラブルに見舞われて110周のところでレースカーを降りています。

カイザーはレース後に「多くのことを学べた5月でした。予選結果も良くいいスタートが切れましたが、残念ながらピットでアクシデントを起こしてしまって周回遅れになり、その後もレースを続けましたがメカニカルトラブルに見舞われてしまいました。この機会をくれたチームや皆さんに感謝しています。」とコメントしています。