【タラレバ】2回目のイエローが無かったら

2018年08月27日



今回のピットストップデルタ(ピットストップした時の時間差)は約30秒。

4ストップすると燃料補給時間をのぞいて120秒。
3ストップだと90秒。

琢磨選手はリーダーから約33秒後方の1周遅れでフィニッシュ。実際にはパワーの約8秒後方でチェッカーフラッグを受けています。

184周目のリスタート時点でリーダーから6秒のビハインド。177周目のイエロー発生時点でリーダーのWパワーの約7秒後方にいたので、32秒ほどのビハインド。

ということは、2回目のイエローが無ければ55秒ほどの遅れを30秒ほど取り返して、25秒のビハインドでレースフィニッシュ。

結局はリードラップギリギリかパワーにラップされたところでの9位フィニッシュとなっていた可能性が高いですね。

つまり、2回目のイエローが出ようと出まいと、あまり結果には変化はなかったということになります。



今回のスカイプ映像綺麗だったですね。
天野さん手持ちのVrizonの調子が悪く,グスタボちゃんのT-mobileを急きょお借りしたのですが、助かりました。

ちなみにレース後に琢磨選手が飲んでいたのはマウンテンデューでした。