【MRTI】USF2000初優勝を狙うフラガ選手

2018年08月30日



インディカーシリーズへのステップアップシリーズの入門クラスに当たるUSF2000シリーズ。今週末のポートランドでのダブルヘッダーレースでシリーズ最終戦となります。

現在ポイント3位につけるのが日本の金沢市生まれの19歳のブラジル人、イゴー・フラガ選手。

12歳まで金沢で過ごしてレーシングカートに参戦。2014シーズンからブラジルに渡ってブラジルF3ライト選手権に参戦していました。2017シーズンは16レース中10勝を挙げてシリーズチャンピオンになっています。

今シーズンからはスカラーシップ獲得を目指して北米に活躍の場を移してUSF2000シリーズに参戦を開始。Exclusive Autosport で#91をドライブし、ここまで12レースを終えて2回の2位フィニッシュと10回のTOP10フィニッシュを記録してランキング3位。

現在ランキング2位とのポイント差は6点で、ラスト2レース次第ではランキング2位にアップするチャンスが残されています。

「とにかくベストを尽くして優勝したい」と意気込むフラガ選手は、お父さんがメカニックを務め、ここまで二人三脚でレース活動をしてきました。

「USF2000のレベルは高くて簡単には上位フィニッシュできません。限られたレース資金の中で最大のパフォーマンスを見せて、来年のフルシーズン参戦につなげていきたいです」と初優勝とランキング2位への意欲を見せています。