大怪我から復活したブルデイがウィッケンズをお見舞い

2018年10月01日



先週、インディアナポリスで行われた年間表彰式に出席したブルデイは表彰式に出る前にインディアナポリスにあるリハビリーテーション施設に立ち寄ってウィッケンズをお見舞いしました。

2017年のインディ500の予選中にクラッシュし大けがを負ったブルデイは同じ施設でリハビリテーションを行い、シーズン終了前にレースに復帰しています。

ブルデイはリハビリ中に9レースを欠場したものの、シーズン最後の3レースに参戦。翌2018シーズンの開幕戦では長年住んでいるセントピーターズバーグで優勝し、最終的にしシリーズランキング7位になっています。

「自分もそれまでは大きなけがをしたことが無く、その時は自分がどうなるのか全く分からなかった。今回はロビーに会って、その時の自分のことを話すことができた。ロビーには早く戻ってきてほしいし、今シーズンの走りはルーキーオブザイヤー獲得に値するものだった。」とブルデイはコメントしています。