今シーズン、順位アップしたLAPが多いドライバーは?

2018年11月08日



Indycar.comが独自に賞を贈る Speedy “Driver of the Year.” 企画。
今回はスターティンググリッドから最も順位を上げたLAPが多かったドライバーをピックアップします。

インディカーシリーズではオフィシャルスポンサーのタグホイヤーが”Don’t Crack Under Pressure Award” と称して賞典を設け、各レースでスタートポジションから最も順位を上げたドライバーを表彰しています。

しかし、今回の企画では各ドライバーのポジションアップがあった周回数をカウントします。ただし、そこからポジションダウンがあった周回数は差し引かれます。

1位:チャーリー・キンボール
キンボールが順位アップしたLAPは298周ありました。この数字はザック・ビーチと同数になります。シーズン平均すると17.5周に1回は順位を上げていることになります。
ただし、順位を落としたLAPが105周あったので、差し引き193周となります。
キンボールはデトロイトレース2とポコノでThe Biggest Mover となっています。

2位:トニー・カナーン
トータルで290周で順位をアップ。しかし107周で順位ダウンがあって、差し引き183周という結果になりました。
カナーンはセントピーターズバーグとデトロイトレース1でThe Biggest Mover となっています。

3位:グラハム・レイホール

トータル280周で順位アップし、97周で順位ダウン。差し引き183周となりました。

ちなみにもっとも順位を落としたLAPが少なかったドライバーは佐藤琢磨選手で、それにGレイホールが続きます。