最も平均走行順位が高かったドライバーは?

2018年11月15日



Indycar.comが独自に賞を贈る Speedy “Driver of the Year.” 企画。
今回は全レース中の全てのラップでの順位の平均が高かったドライバーをピックアップします。

1位:ウィル・パワー
まずは平均スタートポジションは2.8でトップ。平均走行順位は5.39もトップでした。しかしシリーズランキングは3位に終わっています。

2位:スコット・ディクソン
平均走行順位=6.36、平均フィニッシュ順位は4.2でシリーズチャンピオンを獲得しています。TOP5フィニッシュの確率も5割を超えています。

3位:ジョセフ・ニューガーデン
平均スタートポジションは5.2。平均走行順位は6.03でした。今季はディクソンやパワーと並ぶ最多タイの3勝を挙げています。