ハービーがメイヤーシャンクレーシングから10レースに参戦

2019年01月23日



2018シーズンには6レースに参戦したメイヤーシャンクレーシングは今シーズンは第103回インディ500を含む10レースにジャック・ハービーと共に参戦することを発表しました。

オハイオ州をベースとするマイケル・シャンク率いるシャンクレーシングはスポーツカーレースを舞台に活動してきましたが、衛星ラジオ放送のシリウスXMのCEOであるジム・メイヤーとの共同体制を築いてインディカーシリーズに参戦を開始。インディカーではシュミットピターソンとの協力体制の元で参戦してきています。

2019シーズンはセントピーターズバーグ、オースティン、アラバマ、ロングビーチ、インディカーGP.インディ500、ロードアメリカ、ミッドオハイオ、ポートランド、ラグナセカの10レースへの参戦を計画しています。

ドライバーは英国出身の25歳のジャック・ハービーで、昨年のロングビーチでの12位がベストフィニッシュとなっています。第102回インディ500ではラスト4周のところまで2位を走っていましたが、燃料が持たずにピットインして16位に終わっています。