車載LEDディスプレイが再登場

2019年02月28日



インディカーはレース中やプラクティス中の順位を車体に表示する改良型LEDディスプレイの導入を発表しました。

昨年は開幕戦からマトリクス型のフルカラーLEDが使用されていましたが動作不良が多く、アラバマGPの順延レースから使用が取りやめられていました。

今回使用されるLEDパネルは別のメーカーの物でIMSAで使用されているMoTeC(モーテック)製の物を改良して使用されます。

新型LEDパネルはロールフープの両サイドに装着され、これまでよりも輝度が高く視認性が向上。システムはタイミングスコアリングシステムに直結され、1周ごとの順位ではなくほぼリアルタイムで順位を表示し、表示もフルカラーになっています。

LEDディスプレイパネルは以下の情報を表示することになっています。
①ほぼリアルタイムで順位を数字で表示(赤色)
②プッシュトゥパス(P2P)動作時は”PP”を表示(緑色)
③ピットストップ中はピットタイムをコンマ1秒単位で表示(赤色)
④コース上でレースカーが止まった時のエンジンの常態を表示。
エンジン始動中は左側に緑色で”ll”を表示し、右側にギアポジション(ニュートラルは0)を表示。
エンジン停止時は左側に赤色で”=”を表示し、右側にギアポジションを表示。