クローソンマーシャルレーシングがピッパマンを起用してインディ500に新規参戦

2019年02月28日



USACミジェットシリーズとUSACスプリントカーシリーズに参戦し、2018シーズンにはUSACスプリントカーシリーズでチャンピオンタイトルを獲得したクローソンマーシャルレーシングが女性ドライバーのピッパ・マンを起用して第103回インディアナポリス500に参戦することを発表しました。

エンジンはシボレー、カーナンバーは39で、「Driven2SaveLives」がメインスポンサーとなります。

チームオーナーのティム・クローソンは2016年にミジェットカーレースで亡くなったブライアン・クローソンの父親で、ブライアンは2012年、15年、16年にインディ500に出走しています。

ピッパ・マンは昨年のインディ500ではパンプアウトされて予選落ちし、2016年にはクローソンと同じチームからインディ500に出走。これまでインディ500には6回出走して、2017年の17位がベストフィニッシュとなっています。

カーナンバー39は長らくクローソンがスプリントカーレースで使用してきたナンバーで、チームはUSACスプリントカーに参戦して39年目、ピッパ・マンは今回のインディ500では39人目のエントリードライバーとなっています。