レースの感想など

2019年03月17日


まずはつい先日に行ってきたセブリングでの伝統的耐久レース。

①現地発音ではセブリングではなく「シーブリング」でシにアクセント。第3戦アラバマGPの実況を担当する予定の辻野君はフラットで発音していましたが、こっちではそれは許しません。

②マツダが優勝するまでは今シーズンを入れてあと2シーズンは必要か?それかカスタマーチームを加えて3台体制にするか。一発の速さはあるが強さにつながっていない・・・。
AER製の2リッター直4ターのエンジンの耐久性も問題。小排気量は不利なのか。

③GTLとGTDはいつも大接戦でファイナルラップまで見逃せない。

④ブリスコーは相変わらずやらかしている。3位表彰台が・・・・。残り10分切ったところであれかあ。

⑤IMSAラジオの実況は相変わらず12時間ぶっ通しで2人でしゃべっているのかな?下の写真右側は解説を担当するジェレミー・ショウ氏で天野さんの古くからの知り合い。


で、南半球で開催されたレース。

①あれでもレーストラックとしてはバンピーすぎて不向きらしい。セブリングを見てきただけにすごくスムーズに見えたのに・・・・。

②11年ぶりの表彰台でインディカー担当からF1担当に異動したホンダのエンジニアの田邊さんもやっと一息か。

③「パワーエフェクト」の意味が分かりませんでした。聴きなれない専門用語が出てくると状況が把握しにくいですね。

④「PIT STRATEGY BATTLE」のGFXの意味がよくわかりませんでした。


そういえば、インディカー開幕戦のNBCSNのレース映像がindycar.comになかなかアップされませんね。